社長あいさつ・役員一覧

社長あいさつ

役員一覧

取締役 海田 耀市(全国酒販協同組合連合会 代表理事)
取締役 村澤 祥二郎(全国酒販協同組合連合会)
取締役 坂田 辰久(東京酒販協同組合連合会 代表理事)
取締役 大嶋 幸治(武蔵野酒販協同組合連合会 代表理事)
取締役 斎藤 一(全国酒販卸売業協同組合 常務理事)
取締役 石井 実(全国酒類卸売業協同組合 業務部長)
取締役 鈴木 時雄(税理士・元全酒卸協 常務理事)
取締役 池田 安弘(中小企業診断士)
監査役 土屋 重義(亜細亜大学法学部教授)

事業目的

酒類販売業は、需要の成熟化、消費者ニーズの多様化、規制緩和の流れ、国際化の進展等を背景とした価格競争の激化及び物流コストの上昇等社会経済環境の著しい変化に直面しており、業界が一体となって緊急に構造改善に取り組み、経営基盤の強化を図る必要が生じたことから、平成7年9月18日に中小企業近代化促進法による特定業種の一つとされた。

構造改善のための「情報ネットワークの研究・導入」は、小売・卸売販売業の中小企業にとって、業務のコンピュータ化が進展している現状において、個別に対処することは資金的に人員的にも困難であることから、情報事業の共同化に取り組むことが最も有効な手段であると思料され、国税庁の指導のもと全国酒販協同組合連合会及び全国酒類卸売業協同組合が共同して、中小酒類販売業者の情報化を促進することを目的に当社を設立した。